FC2ブログ

アルモリックのブログ  

鎌倉クレープリー・アルモリックの出来事を報告します。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

パルミエ職人に一歩近づいたか?

パルミエが人気で最近は週二回焼いています。

作る回数が増えると「こなれてくる」という事なのか、だんだんときれいに焼けるようになります。

パイ生地がきちんと出来ている証は同じ厚さで層になっている事です。
パルミエの場合はさらに左右対称に形成されていれば文句なし。

どうです?だいぶ理想に近いんじゃないでしょうか?
パルミエ職人に一歩近づいたかもしれません。

6月7日34563613_1679033048880754_2654654921277702144_n
スポンサーサイト
【 2018/06/08 (Fri) 】 お菓子 | TB(0) | CM(0)

3月3日(土)は「モカロールケーキ」を作ります。

3月3日(土)は「モカロールケーキ」を作ります。

ひな祭りですからね。
やっぱり何か作らないとね。

初めて作るお菓子なので写真はありません。
珈琲の風味のロールケーキになる予定です。
【 2018/03/03 (Sat) 】 お菓子 | TB(0) | CM(0)

カヌレの作り方(まとめ)

カヌレを作るのに面倒な作業は型の準備だけ。
あとは特に神経質な作業はないのでカヌレはお手軽に作れるお菓子です。

作り方をまとめたのでよろしかったら参考にしてください。
外側はパリパリで中はモチモチのカヌレを作れます。

カヌレの作り方 ①
カヌレの作り方 ②

10月2日(小)IMG_3887
【 2017/11/15 (Wed) 】 お菓子 | TB(0) | CM(0)

パルミエの話

簡単には真似できないようなお菓子を作ることを心がけています。
だからパイ菓子につかう生地は自家製。パイ生地作りは経験なくしては簡単にはできないのです。
パイ生地は自家製。それがプロとしての責任だと思っております。

パイ生地は層がはっきりとしてサクサクに焼き上がるようにしています。
それには理想的な折り込みの回数があります(折り込みの回数はパティシエの好みによって違います)。

話がよくわからない、パイ生地の作り方がわからない場合は過去のブログを参考にしてください。

パイ菓子の作り方 パート1
パイ菓子の作り方 パート2
パイ菓子の作り方 パート3
パイ菓子の作り方 パート4
パイ菓子の作り方 パート5

パルミエはパイ生地にグラニュー糖を折り込んで作ります。
市販のパイシートでグラニュー糖を折り込めば似たようなモノは作れます。
簡単・お手軽の手間いらずです。
でもそれはどこまでも似たようなもので層の形成がいまひとつのはずです。

理由は市販のパイシートはそのままの状態で伸ばして焼くことを前提としています。
グラニュー糖をふってさらに折り込むと層が多すぎになるのです。
層が多いパイ生地はサブレ生地やブリゼ生地に近づいていくことになります。サクサクしているけどパイ生地の特徴である層が理想的にはできあがりません。

そんな理由でパイ生地は自分で作るのが一番です。
特にパルミエを焼く場合は差がつきます。

バター100パーセントのパイ生地は最高に美味しい。
ぜひパルミエを焼くのならパイ生地作りにチャレンジしてください。

5月25日パルミエIMG_5819




【 2017/05/25 (Thu) 】 お菓子 | TB(0) | CM(0)

今度の土・日は「ブルーベリーのタルト」を作ります

今度の土・日(8月15日と8月16日)は「ブルーベリーのタルト」を作ります。

もちろんブルーベリーは鎌倉産です。
あわせるのはサワークリームかフロマージュブランを予定しております。
アルモリックのお菓子ではめずらしいことなのですが生菓子にします。

来店おまちしております。

ブルーベリー11879132_841853775861910_6715118864378003717_o
【 2015/08/13 (Thu) 】 お菓子 | TB(0) | CM(0)