FC2ブログ

アルモリックのブログ  

鎌倉クレープリー・アルモリックの出来事を報告します。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

バニラはバニラビーンズにかぎる

 バニラの香りを付けるには、いろいろな方法があります。
バニラペースト、バニラエッセンス、バニラオイルなどを加える方法です。
これらはバニラビーンズをすりつぶしたり、蒸留したりして加工して出来た製品です。

だから原材料のバニラビーンズがあれば十分であると判断してクレープリー・アルモリックではバニラビーンズしか使いません。原材料のバニラビーンズは使った感じが非常に自然です。
安い資材ではないので種類を増やしたくなかったのも本音です。香辛料は使わないと風味がとんで悪くなります。
原料のバニラビーンズでも一本が200円位のお値段です。

 開業時よりマダガスカル産ブルボン種バニラビーンズを使っています。私がいちばん好きな香りのバニラビーンズです。
バニラビーンズは使うときに鞘から中に入っている種(豆?)を出して使います。
上質なものはシットリとしています。油分も多いです。

使うときのコツは鞘の部分の香りをお菓子の材料に移す工程を取り入れることです。
クレーム・ブリュレを作るときは、材料になじませるために一晩置いたりします。


バニラビーンズ
スポンサーサイト
【 2012/01/10 (Tue) 】 食べ物 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL