FC2ブログ

アルモリックのブログ  

鎌倉クレープリー・アルモリックの出来事を報告します。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

香りの表現はかなり難しい

「ペッシュ・サンギーヌ」をパート・ド・フリュイの材料に使っています。
サンギーヌとは「血」を意味します。
イタリアの真っ赤なオレンジをブラッド・オレンジと呼ぶような感じなのかな?

ペッシュは英語のピーチのことなので「真っ赤な桃」という意味になります。


この「ペッシュ・サンギーヌ」の香りが私は大好きです。
クチナシやハニーサックルのような系列の甘い匂いがします。
この系列の香りが艶っぽく私には感じるので、、、

お客様に「官能的な香りがします」と説明しましたが「そうは感じない」とのお返事。
「華やかな香りなんじゃないの?」とご指摘を頂戴しました。

うーん、人によって香りの捉え方はさまざまなんですね。
「華やかな香り」というともっと輪郭がはっきりしている香りのように思えます。
たとえば水仙やバラのような香りが私には華やかな香りのイメージです。


香りの表現はかなり難しいです。

ぺっしゅ参議ーぬ
スポンサーサイト
【 2013/12/12 (Thu) 】 お菓子 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL