FC2ブログ

アルモリックのブログ  

鎌倉クレープリー・アルモリックの出来事を報告します。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

アイスクリームが黄色い理由

アイスクリームは卵黄を使うので仕上がりは黄色くなります。
バニラのアイスクリームは素の色がでるのでよくわかります。

なぜ卵黄を使うのかというと「生クリーム」が材料に入るからです。
生クリームは乳脂肪が多く含まれるので、そのまま使うとアイスクリームの材料を攪拌(かくはん)するときにバターになってしまいます。
このバターになってしまうことを「分離」といいます。
冷たいバターは口の中で溶けないので分離したアイスクリームはよくないとされています。

卵黄はアイスクリームの材料を分離させないために使います。
卵黄に含まれるレシチンが乳脂肪を乳化してくれるのです。
マヨネーズにはいった卵黄が油を分離させない働きをするのとおなじです。

生クリームがはいらないレシピでしたら出来上がりは真っ白です。
でも乳脂肪がないとアイスクリームと呼ぶことはできません。

出来たてバニラ
スポンサーサイト



【 2014/06/19 (Thu) 】 未分類 | TB(0) | CM(2)
分離ではなく
専門用語では分離ではなく「バターライズ」と言います。一言
【 2014/06/21 】 編集
Re: 分離ではなく
コメントありがとうございます。

「バターライズ」と言うんですね。
私は「チャーニング」と言っていました。
【 2014/06/21 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL