FC2ブログ

アルモリックのブログ  

鎌倉クレープリー・アルモリックの出来事を報告します。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

チョコレートはミルクが入って甘いほうがいい

2~3年前でしょうか。美容と健康のためカカオ分が多めのチョコレートを食べるのが流行ってました。
私の周りでは食べている人はいなかったけど、ポリフェノールが若さの秘訣なんて言われていたと思います。
その時、勘違いなのでしょか。「カカオ分が多いほどチョコレートは高級です。」みたいなことを言う人がマスメディアにもちらほらと出ていました。
このコメント自体はまあ個人の価値観なので否定はしませんが、それがいつの間にか曲げられて「カカオ分が多いほど美味しい」と言い始める人が登場しました。
これについてはチョットびっくりです。

世の中のショコラティエは脱力したことでしょう。チョコレートをいかに口溶けよく、滑らかに仕立てるかを追求する仕事が美味しさの追求だと思っていたのを丸ごと否定されたのですからね。
カカオ分が多いほど美味しいなら、カカオの塊「カカオマス」が一番美味しいのかよ?ということなのです。
さすがに今はカカオ分の高いチョコレートはスーパーの陳列台に並んでいないようです。
たぶんカカオ分が高いチョコレートは口当たりが悪かったからでしょう。

やっぱりチョコレートはミルクが入って甘いほうがいい



バローナ
スポンサーサイト
【 2011/10/26 (Wed) 】 食べ物 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL