アルモリックのブログ  

鎌倉クレープリー・アルモリックの出来事を報告します。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

ドアの修理完了しました

お店の入り口のドアがゆっくりではなくパタンと閉まっていました。
原因は床下にあるフロアヒンジの経年劣化による減衰不足。

結局は部品の交換なんですが錆びてかたまっていて手間取りました。
ドアの軸を切断して本日やっと修理が完了しました。
ドアを外すときに手を貸したのですがケッコウな重さでした。
50キロはあるんじゃないかな?

当たり前に軽くドアを開閉できるのは、考えてみると不思議。
ほとんどの人はドアが重いことなんて意識したことはないでしょう。


スポンサーサイト
【 2015/01/15 (Thu) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL