アルモリックのブログ  

鎌倉クレープリー・アルモリックの出来事を報告します。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

道半ば

伊丹十三の映画「タンポポ」で駅前のラーメン屋がお客さんの細かい注文を一気に大量に受けるシーンがあります。
注文の内容は「麺やわらかめ、チャーシュー多め」「麺かため、ねぎ少なく」などの個人の好みが色んな組み合わせになっているのです。
注文する側と作る側とのキャッチボール。
実際に私が飲食店でやっているのはステーキの焼き加減の注文くらい。注文後に調理するお店じゃないとできません。

クレープ屋を開くときに、このラーメン屋のようにお客さんと同じようにキャッチボールをしたいと思いました。
でもクレープという食べ物にこだわりをもつお客さんは少ないようです。ラーメンのようにクレープという食べ物は社会に根ざしてはいないようです。

それでも「パリパリにして」「卵はよく焼き」「しっとり柔らかくやいて」などの注文が増えたのはうれしいかぎりです。
柔軟に対応いたしますので、お気軽にお客様の好みをおっしゃってください。

スポンサーサイト
【 2015/05/25 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL