アルモリックのブログ  

鎌倉クレープリー・アルモリックの出来事を報告します。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

キャラメルの作り方(焼きプリン用)

半年ほど前に「クレーム・キャラメルのレシピ(こちら)」をブログにあげたのですがキャラメルの作り方を書いていませんでした。
クレーム・キャラメルと焼きプリンはおなじものです。

先日、お客様に「キャラメルソースはどうやって作るのですか?」と質問されたました。確かにキャラメルソースの作り方がないのは片手落ちなので遅くなりましたが説明します。

まず用意するものは

グラニュー糖 150グラム
水        50グラム

シルパットまたは大きめのクッキングペーパー1枚 

それでは作っていきます。
鍋にグラニュー糖と水を入れます。
そして中火で煮詰めていきます。かなりの高温になるので取り扱いに気お付けてください。

色がつくまで煮つめていきます。かなり煙がでるので換気は十分におこなってください。
煙感知器があると反応するかもしれません。

どのあたりまで煮つめたらいいかというと「嫌なにおいがする手前」です。
とても曖昧なのですが好みでやってください。それが個性になると思います。

きゃらめる2

砂糖と水が好みの状態になったらシルパットまたはクッキングペーパーにたらして固めます。
熱いのでまわりに子供がいたら危険です。作業に集中できる環境を作ってください。
冷えるとすぐに固まりますがすぐに手で触ると熱いです。数分放置したら完成です。

高温なので網の上にのせた天板の上にシルパットしいて作業をするといいかもしれません。
テーブルに熱が直接伝わると変色したり溶ける可能性もあります。

きゃらめる4

冷えるとパリパリの飴のようになります。適当に砕いて乾燥剤をいれた密閉できるビンに保管します。
湿気がなければ長期間保存が可能です。

使い方は焼きプリンをつくる容器の底に適量のパリパリのキャラメルをしきます。
苦いのがお好きなら多めに入れるのもいいでしょう。

キャラメル3

容器の底に並べたキャラメルがずれないように静かに生地を入れてください。
バットにクッキングペーパーをしいて容器をのせてから熱湯をそそいで湯せんで焼き上げます。

生地の作り方は以前書いた記事「クレーム・キャラメルのレシピ」を参考にして下さい。

きゃらめる1

スポンサーサイト
【 2015/06/11 (Thu) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL