アルモリックのブログ  

鎌倉クレープリー・アルモリックの出来事を報告します。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

次は逆折り込み法フイユテ生地で作ります

11月はパイの季節なのです。
だから今月は週末にパイのお菓子を作ります。

今週は逆折り込み法フイユテ生地をつかった焼き菓子です。
お菓子の名前は「ショーソン・ナポリタン」。

フイユテ生地とはパイ生地のことです。
それでは逆折り込み法とはなんなのかというと、よくあるパイ生地とは逆の仕事をします。

よくあるパイ生地は小麦粉と水を練った生地でバターを包みます。
でも逆折り込み法はバターで小麦粉と水を練った生地を包みます。
そうすることで、焼き上げると最高にサクサクの生地が出来上がるのです。

最高にサクサクはとてもいいことなのですが、欠点はバターをたくさん使うことです。
だから、よくあるパイ生地に比べるととっても割高です。
割高な分以上にサクサクが向上して商品価値が高まればいいのですが、そうとはいえないのであまり一般的ではありません。
美味しいけどコストがかかるのが逆折り込み法フイユテ生地なのです。

「ショーソン・ナポリタン」は13日(金)、14日(土)、15日(日)に作ります。
サクサクのパイ生地にカスタードクリームとラム酒に漬け込んだレーズンをはさんで焼いたお菓子です。

11月のパイ菓子二回目は「ショーソン・ナポリタン祭り」です。
今回も紅茶または珈琲をいっしょに注文すると50円引きになります。

来店おまちしております。

11月9日IMG_7490
スポンサーサイト
【 2015/11/09 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL