アルモリックのブログ  

鎌倉クレープリー・アルモリックの出来事を報告します。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

鎌倉の風景

雨が降らなければ朝と晩に犬をつれて若宮大路を散歩しています。

そんな生活を10年間続けてわかったのですが、鎌倉の風景は意外と変化が多いです。
普通の町と同じで古い建物は壊されて、新しく建物が建ちます。
新しい建物はピカピカなので古都鎌倉という雰囲気ではありません。

それでも落ち着いた雰囲気をなんとか保っているのは大きい松の木が立っているからではないでしょうか?
いつごろ植えられたのかはよくわかりませんが立派な松が鶴岡八幡から海に向かって並んでいます。

太い松の木の肌は趣があります。

11月28日
スポンサーサイト
【 2015/11/29 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(4)
 先日、市内で桜を植えてきたと言う、
ある団体の会長さんにおあいする機会がありました。
見なれていた桜並木・・・。
それは、この老紳士が有志の方々と1本ずつ植えて、
古都鎌倉の景観を作る1つになっているんだと。。。

 湘南は松も多いですね。
コレからの季節ですと、民家に椿・さざんか・沈丁花も多いですね。
鎌倉の景観を彩っている大切な植物たちです。
【 2015/12/08 】 編集
Re: タイトルなし

en さん。コメントありがとうございます。
若宮大路にある建物は色気がないものばかりで味気ないです。
それでも落ち着いた雰囲気があるのは歳をとった大きな木があるからなんでしょうね。

松もイイ感じなのですが第一小付近の木も好きです。

【 2015/12/11 】 編集
 母校付近が好きと言って頂けて嬉しいです!
あそこは、一般的な並木道と違いますよね。
品種を敢えて揃えてない所が、私は好きです。
メインストリートなのに、中々の大木があるのが良いですねぇ。

 今の並木道に使用されるのは、
プラタナス、花ミズキ、カラミンサ、百日紅など
比較的細い幹の物が多いですね。
爽やかさはでますが、大木のあの居心地のいい安心感は出せないなぁと
感じております。
【 2015/12/13 】 編集
Re: タイトルなし
第一小の前の歩道はいい味があります。

お年寄りの木にみえるので長持ちしてほしいとおもっております。
【 2015/12/14 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL