アルモリックのブログ  

鎌倉クレープリー・アルモリックの出来事を報告します。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

少年時代のあこがれ

ちょうど中学校にあがったころの話です。
当時はいかした音楽は洋楽というのがテッパンでした。

ディープパープル、ツェッペリン、グランドファンクなんかが友達の間では流行でした。
ギターを始めたやつが最初に覚えるのはスモーク・オン・ザ・ウォーターの頭の部分。そんな時代です。

でも私が入れ込んだのは「 KING CRIMSON(キングクリムゾン)」でした。
ストレートなハードロックではなく、ひねくれた曲の構成がツボにはまったのです。
70年代前半のことなのでYouTubeはもちろん家庭用のビデオもない時代なのでレコードでの鑑賞です。

先日、お客さまの来日している「 KING CRIMSON(キングクリムゾン)」のライブがよかったとの話を聞いてYouTubeで久しぶりに聞いてみました。
今聞いても最高です。初めて映像をみるとパーカッション担当のジェイミー・ミューアが変なおじさんで素敵です。
変な感じがカッコいい。


当時、洋楽をやっている人はかなり少年からはカッコよく見えたものです。
とても一般的じゃなく街中でやったら頭がおかしいとおもわれるような衣装でした。
今の現役の少年のあこがれのミュージシャンは誰なんだろうか?それともミュージシャンにはあこがれないのか。。。

スポンサーサイト
【 2016/01/06 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL