アルモリックのブログ  

鎌倉クレープリー・アルモリックの出来事を報告します。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

根本(こんぽん)が違っているんじゃないのかな?

ただいまバレンタインデー直前の企画で「チョコレートのマカロン」を販売しています。

これがやたらお客さまからの評判がいいのです。
評判がよければいいじゃないか、と思われるかもしれませんが評判がよすぎるのです。
自分としては普通に作っているのですが「○○よりも美味しい」とか「他の店のマカロンとは全然違う」というのは嬉しい反面なにか納得できない部分がありました。


そして先日、なんとなくですが納得できる話をお客さまから聞く機会がありました。
その方はお菓子屋さんにお勤めなんですが、そこではマカロンは作ったら全て冷凍にするのが標準なんだそうです。

「マジかよ」と思ってGoogleで検索してみると普通に冷凍マカロンを販売していました。
今の時代、マカロンは冷凍できるものという認識なんですね。
作るほうにしてみたら冷凍保存は作業が楽になるので大歓迎でしょう。

でも「味」「風味」「食感」は変わらないのだろうか?
ショックフリーザーを使えば大丈夫なのか?
最新の機材で冷凍しても「味」「風味」「食感」がよくなるということはないと思います。
特にチョコレートのガナッシュをはさんだマカロンは差があるのではないのかな。
チョコレートは温度管理がとてもデリケートな素材ですから。。。


アルモリックの「チョコレートのマカロン」はもちろん冷凍していません。
ショックフリーザーなんて高価な機材を持ってませんから、やりたくてもできません。
販売する日の前日に作って冷蔵庫に保管。
そして売り切りの繰り返しが基本です。

そんな昔ながらの作り方が実は少数派で高評価につながっているのでは?と思っております。

2月2日IMG_0744
スポンサーサイト
【 2016/02/03 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL