FC2ブログ

アルモリックのブログ  

鎌倉クレープリー・アルモリックの出来事を報告します。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

機械と機械が対話する時代がくるのだろうか?

あと10年もすると自動車の自動運転は当たり前になると思います。
安全に運転するということを考えると人よりも交通法規をキッチリと守る自動運転に軍配があがるでしょう。
たぶん保険会社も自動運転付きの車は保険料を安く設定してくるんじゃないかな。

今の段階でもかなり自動運転は完成されているらしいのですが一つ疑問に思うところがあります。
それは「合流」です。本線に支線から合流するのって初心者にはとても難しい作業です。
交通法規にのっとると本線が優先なので支線から合流する車は本線を走る車の運転をさまたげてはいけないはず。
すると支線から合流する車はかなり大きな切れ目がないといつまでも本線にはいれません。

自動運転はこれをどうやって処理するのだろう?
もしかしたら機械と機械が対話して、おたがいに都合のいい落としどころをみつけるのだろうか?
興味深いです。
スポンサーサイト
【 2018/04/01 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL