FC2ブログ

アルモリックのブログ  

鎌倉クレープリー・アルモリックの出来事を報告します。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

タルトの空焼き 

タルトの話の続きです。

タルトの焼き方は二通りあります。

A.タルトの型に生地をフォンサージュしたら、そこにクレームダマンドなどを入れて焼く。
B.何もいれずに空焼きをしてから、レモンクリームやカスタードクリームを入れてお菓子を完成させる。

Aの場合だと作業が一手間減るので楽なんですが、底の部分に火が通りにくいので白くなります。
具が入っているので上からの加熱がないのが原因です。
底の部分がサクサクがお好きだったらBの空焼きがおすすめです。

しかし、悩ましいのが空焼きをしてからアパレイユ(クリームなどの液体)を入れて焼くと縁(へり)の部分の焼き色が強くなること。
ここは空焼きの焼き加減を上手いところで調整するしかありません。

よく言われる空焼きの目安は底に焼きいろが少し付いたら空焼きはおわり。
私の場合はサクサクが好きなので焼き色はしっかりと付けるほうだと思います。

10月26日空焼きIMG_8989
スポンサーサイト



【 2019/10/27 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL