FC2ブログ

アルモリックのブログ  

鎌倉クレープリー・アルモリックの出来事を報告します。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

理解者の視線はきびしい

「このパイの層がたまりません」
こんな事を言われたらうれしくて舞い上がってしまいます。


パイ生地が上手く出来ているかは焼きあがったときに層ができているかどうかで判ります。
作業中にバターが溶けると層ができません。
パイ生地を作るときは気温が低いほうがいいというのは、これが理由です。


パルミエは一年中焼いているので熱い時期は冷房を効かせた中でやることになります。
でも真冬の今は室温でもストレスなく作業が出来ます。
夏よりは今のほうが層はしっかりしているかもしれません。


パイのお菓子は見た目で良し悪しがすぐにわかるので、作る側としては神経を使います。
皆さま、しっかりとチェックしていらっしゃるんですね。


1月25日IMG_0981
スポンサーサイト



【 2020/01/25 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL