FC2ブログ

アルモリックのブログ  

鎌倉クレープリー・アルモリックの出来事を報告します。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

大町が面白くなってきた

鎌倉は大町に「ピピッタパン」という服屋さんがあります。
今年の夏に開店したばかりの手作り感が満載のお店です。

「ピピッタパン」とはタイ語で博物館とか美術館という意味とのこと。
お店の内装はたしかにアーティスティックで独特な雰囲気があります。

看板


店内で販売している服はデザインは日本でおこして、縫製と生地はタイでやっているそうです。
お店の方によると、日本人がデザインした方がより良さが生かされるとの判断とのこと。

服


バックも現地の物に見えますが、実際は機能的なデザインだったりします。

バック


こんな感じの小物もあります。
現地の人が作ると派手な色合いになるみたいです。
なぜか南米の高地に住んでいる人の色使いと似ています。

ストラップ


手作りのリングは個性的です。
ディスプレイの仕方が面白い。

リング


ニットも豊富です。

ニット


このスカーフが気になりました。
広げるとどんな感じなんだろう?

スカーフ


先日ブログで紹介させていただいた「コトリ」も手作り感が満載のお店です。
今手作りが流行の最先端なのか?

大町が面白くなってきました。



「Phiphitthaphan (ピピッタパン)」
神奈川県鎌倉市鎌倉市大町1-2-18
0467-23-2455
http://www.facebook.com/Phiphitthaphan
スポンサーサイト
【 2012/12/12 (Wed) 】 お知らせ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL