FC2ブログ

アルモリックのブログ  

鎌倉クレープリー・アルモリックの出来事を報告します。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

できる限り自分で作るのは意味があるか?

できる限り自分で作った物を売るのは意味があるのだろうか?と疑問に思うことがありました。

甘いクレープのチョコレート・ソース、キャラメル・ソース、トッピングに使うアーモンドロースト。
アイスクリーム。お茶菓子。  フォン・ド・ボー。フォン・ド・ボライユ。そば粉のクレープの具
自分で作れるものは自分で作らなければならないと信じて仕事をしてきました。

しかし、あまりにもボリュームがある仕事に「これは意味がある仕事なんだろうか?」と疑問に思うことがありました。
コストもかかるし、時間もかかる。ここまでやることはないのかもしれないと考えることもしばしば。
しかし、つい最近「やっぱりやる価値がある」と思える出来事があったのです。

仕事の時に履くパンツ(ズボンのことです)が古くなって履けなくなったので買いに行くことになりました。
私はあまり買い物をするタイプではなく、必要にならないと買わない主義です。
「滅多に買わないんだから(この前の買い物は8年ほど前です)気に入ったものを買いなさいよ」と嫁に言われ重い腰をあげて買い物に行きました。
あまり買い物をしないくせに、買うときは自分が気に入ったものを買う主義なので「アニエス・ベー」のパンツを1本選びにお店に行きました。
嫁が「パンツだけでなくいろいろ着てみたら?」とジャケットやらニットやらを何回か着せ替えられていたときあることに気が付いたのです。
    「ここにある服はどれを組み合わせても変な感じにはならない」
デザインを一人の人間が起こしていると、どの服も共通した考えがあるのでどんな組み合わせでも違和感がないのですね。けっこう奇抜(これはナシだろ)と思える組み合わせもしっくりと収まりました。

このとき「クレープリー・アルモリックのメニューも、自分で作っているものを組み合わせることで良い効果があるかも」と思ったのです。やる価値があるかもしれないなと思いました。

だからもう少しガンバってやってみます。


結局、アニエス・ベーで買ったのはジーンズ1本。タグによく分からない絵が描いてあります。



アニエスベー
スポンサーサイト
【 2011/12/10 (Sat) 】 お知らせ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL