FC2ブログ

アルモリックのブログ  

鎌倉クレープリー・アルモリックの出来事を報告します。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

噂(うわさ)ほ本当かも?

クレープリー・アルモリックのお客さんに「マリアージュ・フレールの茶葉はフランス仕様と日本仕様があるので、味が違う」と聞いた事があります。
まさか、そんなめんどくさい事はしないだろうと思っていました。ところが、今回もしかしたらホントかもと思わせることがありました。

マリアージュ・フレールはフランスで150年の歴史があるお茶の専門店です。フレーバー・ティーで有名です。
そこで作られている「THE SUR LE NIL(ナイルのお茶)」という名のお茶があります。緑茶に柑橘系の果物とバニラの香りがブレンドされているとマリアージュ・フレールが公表しています。エキゾチックな印象があるお茶です。暑い季節は冷たくしてもおいしくいただけます。

私は公表されている物以外にもなにか入っているはずと気になっていたのでネットで調べました。そしたら、「THE SUR LE NIL(ナイルのお茶)」の茶葉の写真を数点見つけました。これがお店にある茶葉と明らかに見た目が違うのです。ネットで見た写真では赤いものが入っていますが、お店のものには入っていません。

クレープリー・アルモリックのお茶はフランスから輸入したものです。

お茶の世界は奥が深そうです。


ニルの茶葉
スポンサーサイト
【 2011/12/11 (Sun) 】 お茶 | TB(0) | CM(2)
凄い!
さすがですねぇ
ご店主のこだわりの一面を垣間見るような興味ある内容です。
ほんと、奥が深いですよねぇ...
【 2011/12/15 】 編集
Re: 凄い!
こだわりすぎて周りから理解が得られていない事がよくあると思われます。
でも気になることはトコトン調べます。
【 2011/12/19 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL