FC2ブログ

アルモリックのブログ  

鎌倉クレープリー・アルモリックの出来事を報告します。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

3年ぶりに作るのか?

バター不足の事情があり「ガレット・ブルトンヌ」を作らなくなってずいぶん時間がたちます。
いまだにバターのお値段は高めですが安定供給されるようになったのでやっと製造を再開することになりました。

「ブルトンヌ」とは「ブルターニュ地方の」という意味です。
「ガレット」はそば粉のクレープではなく本来の意味の「丸く焼いたもの」の意味です。
ガレット・ブルトンヌを和訳すると「ブルターニュ地方の丸い焼き菓子」です。
ブルターニュ地方は酪農がさかんなので乳製品が特産物です。
だからこのお菓子はバターをたっぷりと使います。

ラム酒につけたレーズンを入れるパターンが多いのですが今回は入れません。
シンプルな焼き菓子に仕上げます。

4月23日(火)と4月24日(水)の10時には焼きあがる予定です。

ガレットブルトン
スポンサーサイト
【 2013/04/22 (Mon) 】 お菓子 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL