FC2ブログ

アルモリックのブログ  

鎌倉クレープリー・アルモリックの出来事を報告します。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

いまだに一般的ではないか、、、

「V6長野博がフランス・パリを食べつくす!」という番組をTVで見ていたらクレープ屋が登場。
そば粉のクレープ(ガレット)を取り上げていました。

ガレット

やっとクレープはフランスが発祥ということが一般的になったのかと思ったけどそうではなかった。
「そば粉のクレープは昼ごはんとして食べられているんですよ」と説明されてました。

上野

TVの番組のなかでは「珍しいものを食べた」という取り扱いです。
そば粉のクレープはいまだに一般的ではないようです。

クレープ屋としては少し残念な気分でした。
【 2013/08/03 (Sat) 】 食べ物 | TB(0) | CM(2)

「AOC」ってなんのことだかわかりますか?

「AOC」はフランスの農産物や農産物を使った製品を管理するルールに当てはまったもののみが表示を許されます。
勝手に「AOC」とラベルに表示したら罰せられてしまいます。
生産地や栽培方法などが主な規格になります。

日本語に訳すと「原産地呼称名称制度」、「原産地呼称統制」などとなります。
農産物の産地や栽培方法など厳しい基準で管理されています。

日本にも「AOC」と同じような制度があるとコシヒカリは新潟県でとれた場合は表示していいけど他県ではダメです。
下仁田ネギも下仁田町から外で取れたものは種はおなじでも表記できないといったところです。


「ピマン・デスペレット」というフランス産の唐辛子があります。
これもAOC基準審査があってフランス・バスク地方にある「エスペレット村」で収穫される唐辛子のみが「AOC」を表示できます。

瓶

それまでして管理された唐辛子の特徴はなんでしょうか?
「辛すぎない」と「甘みがある」のが特徴だとよくいわれます。

粉末

使い方としては料理にアクセントをつけたいときに一振りすると効果的です。
キレイな色なので視覚的にも効果があります。

甘いチョコレートの中にいれても刺激的で面白いデザートになるかもしれません。
【 2013/08/02 (Fri) 】 食べ物 | TB(0) | CM(0)

話が通じませんでした

ユニオンで天狗印のスナックが売ってました。
天狗印はよくハワイ土産のビーフジャーキーを作っている会社です。

試しに買って味見をしてみました。

確かにビーフジャーキーの味はします。
しばらく食べていると何となく「鯨の大和煮」の味もしてきました。

牛肉と鯨の肉の味は似ていたのかな?と思い家族に話したら「鯨の大和煮」が通じません。

たしかに長い間たべてなかったな。。。


なぜか私が小学校の時、日曜日のお昼には缶詰を食べる習慣がありました。
あれはいったいなんだったんだろう?
普通は缶詰なんか食べないのですね。

当時は「鯨の大和煮」の缶詰の他に「ちょうしたのサンマの蒲焼」もよく食べました。

天狗
【 2013/04/30 (Tue) 】 食べ物 | TB(0) | CM(2)

もうすぐゴールデンウィーク

クレープ屋にはかかせないシードル。

なぜかというと、、、
そば粉のクレープ(ガレット)の発祥の地はブルターニュ地方。
そのブルターニュ地方ではリンゴがたくさん採れるのでシードルがさかんに造られています。
それでそば粉のクレープと一緒にシードルが飲まれるようになったようです。

ゴールデンウィークには物流が止まってしまうのでシードルの在庫を確保。
これがないとクレープ屋として成り立ちません。

シードル
【 2013/04/19 (Fri) 】 食べ物 | TB(0) | CM(0)

今年は寒いのか?

今年は蜂蜜が結晶化します。

例年より寒いようです。
去年は粘度はあがったけれど結晶はできませんでした。
たぶん去年よりも温度が低いのでしょう。

温かいクレープにかけるので今のところ問題はありません。
今のところはすぐに溶けてしまうレベル。
でもこれ以上かたまったらなにか対策を考えます。

蜂蜜はスペイン産の「ラベンダーの蜂蜜」です。
創業時から変りません。

蜂蜜
【 2013/02/24 (Sun) 】 食べ物 | TB(0) | CM(0)